介護リフォーム 予防改修 介護リフォーム 事故の予防 自立度のアップ 介護の方にゆとりが出来ます。
介護リフォーム.net リビングセンター株式会社
お問合せ 会社案内 info@kaigo-reform.net
介護リフォーム.net HOME お風呂介護リフォーム トイレ介護リフォーム 洗面介護リフォーム 手すり 移動まわり介護リフォーム 介護リフォームの流れ

TOTO 介護にやさしい浴室提案 バリアフリー エイジフリー 入浴介護



 
HOME > 介護リフォームの流れ 予防改修
 

予防改修 介護リフォーム

 
 転ばぬ先の住環境改善 介護リフォーム
  階段などでよろけたり、ちょっとした段差でつまずいたり。
年齢を重ねると、運動能力や感覚機能の低下など、身体の機能には様々な変化が生じてきます。
家庭内での事故死の状況をみると、浴槽での溺死や転倒、階段からの転落などの事故が多く、
住宅環境に大きな原因があるといえます。とはいうものの、事故を恐れて身体を動かさないでいると
さらに体力を低下させ、日常生活を楽しむこともできなくなってしまいます。
不都合や不便を感じたら、住宅改修を考えてみませんか。
 
不便な住まいを 改善すると・・・
1.事故の予防ができます。
 
階段や玄関框(かまち)、敷居などの
段差は、つまずきや転落の原因に。
手すりの取り付けや、
滑りにくい床材を使用するなどして、
姿勢が安定するように
配慮することがポイント。
  事故の予防ができます。 事故の予防ができます。
  段差につまずくと転倒して
骨折し、寝たきりになることも。
  段差の解消などの
住宅改修が事故の予防に。
 
 2.自立度がアップします。
 
自力で起きるのがつらい、
介助を頼むのがおっくう、と感じて、
活動度が低下すると寝たきりに、
なることも。住環境を変えて、
自分でできることが増えれば、
行動範囲が広がり、
元気に生活できます。
  自立度がアップします。 自立度がアップします。
  介助が必要なのは、住まいに
問題があるからかもしれません。
  できることが増えると自信も
高まり、行動範囲が広がります。
 
 3.介助する方にゆとりができます。
 
動きにくい住宅や人力だけに頼った
介助は、肉体的にも精神的にも
介助する方に負担がかかりがち。
介助のしやすさを考えた
住まいの改善や補助具の活用で、
介助する方の心身の負担を
軽くできます。
  介助する方にゆとりができます。 介助する方にゆとりができます。
  動きにくい住宅での介助は、
介助する方に負担がかかりがち。
  上手な住環境改善で、介助する方の
負担を軽くすることもできます。
取付工事代、合計特価等々 まずはお問い合わせください!
無料相談受付中です。 電話での概算見積も承ります。無料現場調査をして、詳しい見積・プレゼンもいたします。

メールでのお問い合わせ